建て替えとリフォーム、どちらが良いか

コストも手間もケース・バイ・ケース

予算だけではなく、工事期間にも考慮

建て替えは一度、すべて解体した上で、新しい建物を新築します。すべての機能を見直し、刷新するため、より自由に新しい住まいを考えることができます。
しかし、まだ使えるものも解体してしまうため、無駄な作業が生じてしまいます。また、法律や条令の改正により、今よりも小さい家しか建てられない場合もあります。加えて、工事の際の仮住まいの確保や引越し費用など、比較的、コストが大きくなりやすいのが欠点です。

一方、リフォームでは、使える部分はそのままに、改修が必要な部分のみを入れ替えます。そのため、比較的安価に実施することができ、無駄も少なく済みます。
ただし、構造の変更に制限があるため、希望どおりの間取りへの変更ができないことがあります。また、構造に関するリフォームの場合、工事が大がかりになり、建て替えと同等の費用が発生する場合もあります。

 


まるで新築のようにリフォームする

全面的なリフォームは、暮らしの“いま”と“みらい”を見直すきっかけにもなります。

 

機能を一新する建て替えと、必要な部分を残して利用するエコなリフォーム。双方の長所を活かした最新のリフォームが、住まいのまるごとリフォームです。

水まわりから屋根や樋などの外装まで、ご自宅をまるごとリフォームすることで、まるで新築のような住まいに再生させます。

暮らしの“いま”と“みらい”を見直すきっかけにもなります。

 

建て替えとリフォームの比較

「まるで新築くん」のメリット

低コスト

セット価格で、一ヶ所ずつリフォームするよりもお得です。
また、リフォーム不要な部分は、減額していく方式です。

引越し不要

部屋ごとにリフォームを行うため、引越しの必要がありません。引越しのための出費をリフォームに回すことができます。

建て替えのデメリット

高コスト

使える部分も一度撤去するなど無駄が生じるため、比較的コストが高くなります。

二回の引越し

取り壊しのために仮住まいへ、引渡し後、再び引越し……。
金銭的にも、時間的にも負担があります。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。