リフォームとリノベーションの違い

リフォームは「修繕」、リノベーションは「価値の向上」

機能や性能を評価する基準がポイント

 

リフォームは、住宅の機能を回復する工事のことです。経年劣化や故障など、失われてしまった機能を再び使えるようにしていきます。工事の基準は、「新築」時の機能です。

リノベーションは、住宅に今までになかった機能を追加する工事のことです。機能や価値、デザインの向上を行い、住宅に新しい価値を生み出します。必ずしも、「新築」時の性能を基準にするわけではありません。

リノベーションは、しばしば全面的な改修をともなうことが多いため、大規模な改修をすることを指すこともあります。

 


どちらもより良い住まいにするための手段

暮らしのスタイルにあった住まいか?

 

リフォームもリノベーションも、いまよりも住みよい家にするための手段でしかありません。いまの暮らしに対して、充分な機能を持っている場合はリフォーム、生活に変化があり、必要な機能が不足している場合はリノベーションということになります。

重要なのは、現在や未来の暮らしにはどんな家がふさわしいのか、検討することです。一ヶ所ずつ順番にリフォームしていくのか、まるごとリフォームをするのか。トータルコストで考えていくことで、無駄のないメンテナンスを行うことができます。

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。