リョーコーホーム
menu

VOICE & OPINION

PAGE TO TOP

【建築工事全体の流れ】(S課長のつぶやき)

第1回目の「S課長のつぶやき」は「建築工事全体の流れ」を説明します。

実際の現場の写真やプランボード等の画像を随時掲載していきますので、皆様ご注目下さい。

 

1.現地調査・敷地測量について

土地を購入した場合や建替えの場合、様々なケースがありますが、工事の始まる前に行う事が現地調査です。敷地の測量図が無い場合は、測量を測量事務所に依頼する事となります。公図等で代用するケースもありますが、やはり周辺環境を含めた情報を事前に確認する必要があります。重要なのは、隣地建物の窓の位置や高低差等の情報。これらは、公図には出てきていませんので、キチンと現地で確認する必要があります。また、前面道路の幅やマンホールや水道メーター、その他配管の口径等を調査します。

2.解体工事について

建替えの場合は、まず解体工事を行う必要があります。解体工事は、建築工事を請負う当社に依頼する場合と、別途、直接契約で解体業者にお願いするケースがあります。

3.地盤調査について

土地の地盤の強度を確かめる為に地盤調査を行います。更地の場合は、設計前に行う事が出来ますが、解体を伴う場合は解体後に行う必要があります。住宅で一般的なスウェーデン式サウディング試験法(SS試験)では計画建物の4隅と中心5ヶ所行う事が多く、地盤強度を確かめる事になります。

4.地鎮祭について

 

地鎮祭の前には、建物の形に合わせ地縄を張ります。建物の配置に大きな間違いがないかの確認を行い、設定した高さの基準点の確認も行います。地鎮祭は基本的にその土地に初めて家を建てる際に土地を清める意味で行います。その土地の神様にこれから家造りを行う挨拶をするといった具合です。式後には、式典で清めた「鎮め物」やお札を頂きます。「鎮め物」は、基礎の下に埋める物なので、そのまま当社の現場担当者に渡して下さい。

5.地盤改良工事について

建物を建てる前に重要なのは地盤の強度です。建物が建つと見えなくなる部分ですがとても重要になります。当社では「柱状地盤改良工事』を行います。「柱状地盤改良工事」とは、30坪の2階建てで、直径500mmの筒状のコンクリートを30本程度、地盤調査で調べた強い地盤まで埋め込む工法となります。施工完了した日より満10年の保証書が発行されます。

建築本体工事着工』

6.根伐り・遣り方工事について

 

基礎の図面を基に地面を掘っていきます。建物の周囲に板を立て水糸を張って高さを確認しながら掘る事ができるようになります。捨てコンという薄いコンクリートを基礎の下に打ちます。これは、防湿の対策と基礎の精度を高める為に、重要な作業となります。

 

7.配筋工事について

 

鉄筋を組み立てる工事です。最近では、現場で1から作ることが少なくなってきており、加工鉄筋といって工場で組み上げたものを現場で繋げる作業がメインです。配筋が写真のように出来上がったら、「瑕疵保険の為の配筋検査」が行われます。配筋の間隔が20㎝以下か・人通行廻りの補強が適切か・実際の形が申請図面通りか等の検査を行います。検査の合格後、さきほどの地鎮祭で清めて頂いた「鎮め物」を鉄筋の下に置くことになります。

8.コンクリート打設工事について

 

木造住宅の場合、基礎のコンクリートを打つ回数は2回となります。底盤(底の部分)と立ち上がり(基礎の縦の部分)に分けて行います。この写真は底盤のコンクリート打設を行っています。

9.先行配管工事について

 

コンクリート打設後、外部配管の工事と床下の配管工事を行います。写真の赤の配管は「お湯」、青の配管は「水」の管となります。後々の管理と点検の為に色を分け、解りやすくしています。

10.プレカット工事の注意点

まず、「プレカット」とは、木造住宅(在来軸組工法)に使用される部材の加工を専用の機械を使って加工することを言います。かつては、すべて大工さんの手作業により、材料の選定から墨付け(大工さんが加工する目印となる印)・加工までの工程を多くの日数を費やしながら行うのが当たり前の時代でした。現在では、住宅産業の急速な発展によって競争が激化し、短納期で品質の高い住宅を提供することが当たり前の時代となりました。

上記の木材(部材)を、上棟時に大工さんが全て組み上げていきます。発注する前には当社の工務部隊が、上棟の1ヶ月前頃から全ての部材の本数や梁の太さ等を夜遅くまで、何度も何度もチェックをし間違えが無いように対応をしております。

11.先行土台

上棟工事の直前には、土台敷きの工事を行います。当社では、基礎と土台の間に「キソロングパッキン」を全周敷き込みます。基礎に換気口を設けない工法の為、基礎にクラックが入る心配を軽減します。且つ、換気スリットは防鼠材の役割も果たしています。

土台の作業が終了したら、床下の断熱材(ジュピー厚さ45mm)をはめ込み、上棟の準備は完了です。

『上棟』

12.建て方について

お客様のご都合が合えば、「建て方」を見に来て頂きます。どの、お客様も大きいレッカーや大工さんの手際の良さを見て感動して頂けます。目の錯覚もありますが、基礎完成時には「なんか小さくないか?」と心配の声もありますが、「建て方」の工事中に上に躯体が建っていくと「やっぱり大きいね」と安心して頂けます。この事例は大半のお客様が感じる事ですので、ご参考にして下さい。

 

いよいよ、建て方工事です。当社では、腕利きの棟梁さんを7人~10人を集め、1日で建て方を終了させます。廻りが広い敷地では、カッコいいレッカー車を、狭い敷地では力自慢の荷揚げ屋さんを呼びます。当社の建て方の作業は、チームワークが非常に良く、見る見るうちに、家らしい形になっていくところを、私は何度見ていても全く飽きません。

上棟が終わりましたら、その日のうちに、屋根にはルーフィング(防湿防水シート)を貼り、外壁面にはブルーシートを貼り雨養生を行います。ブルーシートを貼る事は、非常に見栄えが悪いですが、お客様の家を大切にお守りするという観点から始めさせて頂きました。このブルーシートは、サッシの取付が終われば外されます。上棟後、7日~10日くらいでしょうか。

上棟式につきましては、一般住宅を建てる場合、最近は行う事が少なくなってきています。当社では、建築する建物の担当の棟梁を中心に、4方向に「酒」「塩」「米」を撒き、お清めを行っています。

13.防蟻工事について

14.中間検査(金物検査)について

15.屋根板金・防水工事の注意点

16.サッシ工事の注意点

上棟が終わると間もなく、玄関ドアやサッシが取付けられます。当社は、上棟後、外壁面にはブルーシートを巻いて雨養生をしていますが、いち早く雨から建物を守りたいという理由からです。

17.電気配線工事の注意点

当社は吹付断熱を壁面に行う為、吹付前に、電気配線の工事を行います。吹付後に外面のコンセントやスイッチの配線の作業が不可能になるからです。理由は下の写真を参照ください↓↓

18.吹付け断熱工事の注意点

急に画像が大きくなってスミマセン。どうしても見て頂きたい項目を1ページだけ抜粋させて頂きます。

当社の建物の断熱材は、「アクアフォーム」という断熱材を使用しております。「アクアフォーム」とは、吹付断熱材となっており、外気に接する面の隙間を無くし高断熱を実現させる工法となっています。当社では、壁面に75mm・小屋裏に165mmの吹付を行っています。

私の私見で申し訳ないのでが、部屋の中でピアノやフルートを演奏した場合でも、外に音は、ほとんど聞こえませんでした。それくらい優れた吸音性能があるようです。

 

19.床の施工の注意点

20.建具工事の注意点

21.通気胴縁の注意点

22.外壁工事の注意点

23.設備配管の注意点

24.石膏ボード施工時の注意点

大工工事完了』

25.内装仕上げ工事の注意点

26.設備施工時の注意点

27.照明工事の注意点

『竣工』

28.玄関タイル工事の注意点

29.外構工事について

30.竣工・引渡し後について

引渡前には、壁や床の汚れや傷、建具の建て付け等をチェック致します。必要に応じて補修を行います。

いよいよ、引渡しの日となりました。私達も約5か月、工事に携わり感慨深い瞬間です。工事中に、何回も見学して頂いたお客様も、部屋の養生が外れ、クリーニング後の家を見て頂き、感動した顔を見る度に、私達も目から熱い物が流れてくるような、感動をさせられる一瞬があります。

引渡時には、まず引渡し書類(建築確認通知証・中間検査済証・防蟻処理保証書・瑕疵保険付保証明書・住宅設備機器取扱説明書兼保証書・地盤改良施工説明書)等をお渡しすます。その後は、「カードキー」の設定をして、無事引渡しとなります。

 

 


お気軽にお問い合わせください

新築・リフォームのご相談から、店舗・施設の建設まで。

045-802-5555

Copyright (C) リョーコーホーム株式会社. All Rights Reserved.